ふたごじてんしゃに乗る前に

ふたごじてんしゃに乗る前に

サドル・ハンドルの調整

サドルの位置

取説には、両足底がべったり地面につくようにと書いてありますが、少し高めのほうが、ペダルに力が入りやすく、かなり楽です

 

テストテスト

ふたごじてんしゃに乗る前にタブ名タブ名

ふたごじてんしゃに乗る前に

Facebookの同トピックへのリンク

サドル・ハンドルの調整
      • サドルの位置
        →取説には、両足底がべったり地面につくようにと書いてありますが、少し高めのほうが、ペダルに力が入りやすく、かなり楽です
    • ハンドルの位置
      前屈みだと、運転しにくいです。高さは、自転車屋さんで調整が可能です。
ブレーキは両手で
    • ブレーキについて
      →片方だけしか使っていない方はいらっしゃいませんか。
      ふたごじてんしゃは車体が重いので、両方のブレーキをかけて止まります。特に雨の日は、右側の前ブレーキのみで止まろうとせず、左ブレーキ→右ブレーキの順番で使用たほうがいいです。
初期メンテナンスは1か月後が目安!
  • ブレーキワイヤーについて
    → 2輪3輪に関わらず、ワイヤーには「初期伸び」という現象がある
    → ふたごじてんしゃは、2輪の自転車より、ブレーキワイヤーが長い仕様になっているそうです。
    そのため、ワイヤーの伸びの頻度が高くなる
    と聞きました。
    (ブレーキワイヤーが伸びた?という判断の例:パーキングする時に両手を使っていたのが、片手でポッチを押せる。)

    → ふたごじてんしゃのパーキングストッパー(駐車時)は、前輪ブレーキが常にかかっている状態。= つまりワイヤー伸びが起きやすい

    ■ 対策 ■

    ブレーキの効きが悪いと感じたら、取扱店ORメンテナンス可能な自転車屋へ

  • 変速器ワイヤーについて
    → 2輪3輪に関わらず、ワイヤーには「初期伸び」という現象がある

    → ギアチェンジが入らない、重さが変わらない場合も、ワイヤーの伸びが原因の場合がある

    ■ 対策 ■

    ギアチェンジが入らないなど、変速機の不調を感じたら、取扱店ORメンテナンス可能な自転車屋へ

自分の自転車屋をみつけよう
  • ふたごじてんしゃはチェーン・変速機・ディスクブレーキなど、特殊な部品を使用しているため、メンテナンス可能な自転車屋さんが限られます。

    ■ 対策 ■
    ※取扱店が近くにない方は
    近所にある自転車さんを回るなどして、メンテナンス可能な店を探しておきましょう。

タブコンテンツ
タブコンテンツ

 

ふたごじてんしゃに乗る前に

ふたごじてんしゃに乗る前に

ふたごじてんしゃに乗る前に

 

 

サドルの位置
取説には、両足底がべったり地面につくようにと書いてありますが、少し高めのほうが、ペダルに力が入りやすく、かなり楽です。
ハンドルの位置
前屈みだと、運転しにくいです。高さは、自転車屋さんで調整が可能です。
ブレーキについて
片方だけしか使っていない方はいらっしゃいませんか。ふたごじてんしゃは車体が重いので、両方のブレーキをかけて止まります。特に雨の日は、右側の前ブレーキのみで止まろうとせず、左ブレーキ→右ブレーキの順番で使用たほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です